家で起こる雨漏りの被害~建材の劣化やシロアリ発生を引き起こす~
雨漏り修理後もこれで安心!防水工事で雨漏り対策
工法によっては逆効果?雨漏り修理に向いている工法とは
当日に施工が終わる!特殊なプラスチックを使ったFRP塗装

雨漏り修理業者の迅速施工!修理後の塗膜防水施工も依頼できる

的確な雨漏り修理を行なうために~調査の必要性~

雨漏りが起こる原因はさまざまです。原因を突き止めて雨漏り修理を行なう必要があります。

雨漏り修理業者だからできる専門的な調査


雨漏り修理業者が行なう調査にはどういった方法がありますか?
プロの作業員が目視によって、屋根や外壁の劣化を調べます。目視によって劣化部位が見つからない場合、散水調査や赤外線サーモグラフィー検査によってしっかりと調査を行ないます。
雨漏りの原因は何が考えられますか?
主に考えられるのが、自然災害や経年劣化、さらには建築時の施工不良です。
自然災害なら台風などの影響で屋根の一部が壊れてしまうこと、経年劣化なら塗装や瓦のヒビ割れ、施工不良ならば塗膜防水施工や防水コーキングなどが雑に行なわれた場合が考えられます。

まとめ

建物の劣化が原因の場合、雨漏り修理をしてもすぐにまた雨漏りをしてしまうことがあります。対処方法としては、塗膜防水塗装などで防水工事をすると効果的でしょう。

防水工事の種類一例

  • 塗膜防水
  • シート防水
  • アスファルト防水

恐ろしい二次被害に繋がることもある~雨漏り修理はお早めに~

傘と家

雨漏りが発生するとさまざまなトラブルが起こります。雨漏りによって主にどんな被害が現れるのでしょうか。

雨漏りの症状と被害

雨漏りの症状とは
雨漏りは、屋根や外壁、塗膜防水塗装などの劣化によって亀裂や穴が空き、建物内部に水が浸入してしまうことが原因です。勘違いしやすいのが、壁の内側に埋め込まれた配管の劣化による「漏水」です。漏水の場合は配管の修理・交換によって修理を行ない、雨漏りの場合は屋根や外壁を修復・再塗装を行なうことで対処ができます。
気づいたときには一次被害が
雨漏りによる直接的な被害とは、建物内部の建材の劣化・腐食です。雨漏りによって木材にたくさんの水が吸収されると、木材が徐々に腐るようになります。鉄筋コンクリートの家であれば、内部の鉄骨がサビてしまうでしょう。どちらも家の耐久性を大きく損なうため、問題となるのです。
二次被害に発展することもある
建物の木材が雨漏りによって腐ると、シロアリやカビの被害が現れるようになります。シロアリは基礎や柱などを食害することで、家全体の耐久性を大きく損ねる害虫です。カビは、大量の胞子を撒き散らすことで、住んでいる人の健康を害することがあります。

まとめ

雨漏りは放置して直るものではありません。被害が大きくなる前に、きちんと雨漏り修理を行なっておきましょう。

TOPボタン